街でよく見かける子供乗せ自転車。

これに乗っているママさんたちを見ていると、
子育てを頑張っててカッコ良く見えます。

でも少し生活感が出ていて、あまりおしゃれには見えない部分も・・・

そんな中でも、子供乗せ自転車をおしゃれに乗りこなしているママも少なからず見かけます。

ただ、おしゃれな子供乗せ自転車はブランドイメージがあって値段がお高そう!?

てな感じに見えたりもしますが、
意外とそうでもないんです。



ここでは、そんなおしゃれに乗りこなせる子供乗せ自転車を、
安くてお得に買える情報をお伝えします。

法律で認められている子供乗せ自転車とは?

街で良く見かける自転車の後ろ、もしくは前後に幼児を乗せて走行している子供乗せ自転車。

その姿を見て、一見危なそうに思えたりもしますが、
実はちゃんと法律で認められた自転車の乗り方なのです。

以前から、幼児に限り自転車に同乗させる事は認められていましたが、
2009年7月の道路交通法規則の一部改正により、
安全基準を満たした自転車に限って『幼児2人の同乗』が解禁。

要するに、自転車の前後に2人のお子さんを乗せて走行しても違反ではありません

但し、子供乗せ自転車には条件があり、
幼児2人を乗せても十分な強度や制動性能を有していて、
なおかつ、駐輪時の転倒防止のための操作性・安全性が確保されている等の安全基準を満たした適合車。

でなくてはならず、
その適合自転車は、必ずフレーム部分に社団法人自転車協会による安全基準を満たしていると認定された「BAAマーク」「幼児2人同乗基準適合車」のマークがついている事が乗る事が出来る条件になります。

ですが、「BAAマーク」がない適合車ではなくても、
以下の条件を満たしていれば乗る事は出来ます。

  • 運転者(自転車)は満16歳以上である事。
  • 自転車にチャイルドシートと取り付けた場合、6歳未満までは同乗可能。
  • チャイルドシートが無い場合は、必ずおんぶ紐等で確実に背負っている事。
  • おんぶで背負える幼児年齢は4歳まで。

このような条件を見てしていれば、通常のママチャリでもお子さんを乗せる事は可能ですが、
それでも安全面を考えれば、専用の子供乗せ自転車を選んだ方が断然良いでしょう。

ちなみに、自転車に同乗させられる定員と乗り方等に関しては、
各自治体で異なるようです。

これに関しては、お住まいの地域の「道路交通法施行細則」を調べておくとよいでしょう。

子供乗せ自転車の選び方

まず、子供乗せ自転車は同乗者がお子さん1人の場合、
前乗せタイプと後ろ乗せタイプの2つに分かれます。

そして、お子さん2人なら3人乗り自転車も選ぶ事が出来ます。

前乗せタイプの場合

同乗するお子さんが2歳、もしくは体重が15キロ以下であれば、
前乗せタイプの子供乗せ自転車がおすすめです。

理由は、あまり幼すぎるお子さんだと後ろ乗せでは、
様子が見えず心配で、運転にも支障をきたしてしまう可能性があります。

そのため、前乗せにしていれば常にお子さんの様子を確認できますので、
比較的安心して乗せられるのではないでしょうか。

後乗せタイプの場合

前乗せタイプが2歳未満のお子さんなら、
後ろ乗せタイプは2歳以上のお子さんを同乗させる場合におすすめです。

但し、乗せるお子さんがどれだけ理解しているか?によります。

大人しく自転車に乗ってくれるお子さんなら良いですが、
落ち着きがなく、暴れたり、自転車から身を乗り出したりする子であれば、
子供乗せ自体の安全性を考える必要があります。

また、この場合も必ずチャイルドシートは取り付けるようにしましょう。

3人乗り自転車の選び方

3人乗りの自転車を選ぶ場合、安全性が最優先です。

つまり、条件として「幼児2人同乗基準適合車」が必須となります。

また、お子さんもしっかりと年齢と体重制限を守って乗せる事も重要なってきます。

【3人乗せ自転車を選ぶ場合の重要ポイント①】

  • 体重制限:前乗せは15キロ以下。後乗せは20キロくらいまで。
  • 年齢制限:前乗せは1~3歳。後乗せは2~5歳くらいまで。

3人乗せの場合、バランスを崩しやすく転倒する事故も多くみられています。

そのため、以下の事に注意して乗るようにしましょう。

【3人乗せ自転車を選ぶ場合の重要ポイント②】

  • 自転車の停め方:なるべく平らな場所に停め、ハンドルロックは確実に。
  • お子さんの乗せ方:乗せる時は、後ろを先に、後から前を乗せ、
    降ろすときは前が先で、後ろが後。
  • お子さんへの安全対策:ヘルメットを着用。チャイルドシートのベルトは必ず着用。

このようなポイントを守った上で、3人乗り自転車を選んでいきます。

3人乗せとなると、当然ながら重量も増しますし、
特に非力な女性が自転車を運転すれば、かなり大変になって来ます。

となるとやはり、楽に運転ができる電動アシスト付き自転車が便利。

ですが、電動アシスト付きとなると値段も高くなってきますので、
ご自分が住んでいる場所や道路環境、使用頻度を考慮してから選ぶと良いでしょう。

つまり、坂道が少ない場所や使用頻度があまり無ければ、
無理に高価な電動アシスト付き自転車を選ぶ必要もないワケです。

子供乗せ自転車はネットで購入する事もおすすめです。

この記事のタイトルにもなっている「おしゃれな子供乗せ自転車」。

街の自転車屋さんか?ディスカウントストアで購入するのもありですが、
自分に合ったおしゃれな自転車を選ぶならネットで購入する事もおすすめします。

そんなネット通販サイトが、日本最大級の自転車通販サイト【cyma】

cymaを利用すれば、自分のお好みに合った自転車を自由に選ぶ事が出来るのはもちろんの事。

送料・組み立て無料!

アフターサービスも充実していてとても便利です。

常時1万台以上の在庫を保有しているネット通販サイト【cyma】。

品揃えも豊富で、注文してスグにお手元に届くようサポートも万全です。

気になる自転車専門のネット通販の「cyma – サイマ -」
公式サイトはコチラ↓↓になりますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。


ネット通販は注意が必要!でもcymaなら安心して利用できます。

ここでもネット通販をおすすめじたように、
最近ではその利便性や値段が安い事から、ネットで自転車を購入する人も増えています。

ただ、便利な反面、注意も必要で、届いた自転車が思っていた商品と違ったり、
調整が不十分で、スグには乗れない場合も見かけられています。

しかし、cymaならその点も安心。

専門の資格を持った整備士が各地の自社整備工場にいて、
組立・品質チェックを万全にした上で、スグに乗れるようにしてからお届け。

また、ネット通販にありがちな”売りっぱなし”等は無く、
パンク修理等のよくある故障修理を全国の自転車店で受けられるアフターサービスもありますので、安心してご利用しただけると思います。